犬や猫を家族に迎えるにあたって

  • 1.

    ​一緒に暮らす家族全員で、協力し合って、犬や猫を迎えられますか?

    同居していない家族にも、ペットを迎え入れることをお知らせしていますか?

    高齢の親族の癒し相手、子供さんへの遊び相手、一人暮らしの寂しさを補うパートナーとして、

    ​中途半端な飼育になりやすかったり、飼育放棄につながりやすい状況で、安易にペットを迎える人が増え、とても困った状況になったり、動物たちが悲しい思いをする出来事が日々起こっています。

    飼い主になにかあった場合に、ペット動物の命を託せる親族や仲間を、見つけておきましょう。

    ​平生からの、人と人とのコミュニケーションも、とても大切なことと、思ってください。

  • 2.

    犬猫などのペット動物も、

    ●病気になります。

    ●心でいろいろな事を感じています。

    ●成長し、老いていき、やがて寿命を全うします。

    日々、彼らの状況を観察し、​それぞれの動物の特性を勉強しながら、心で寄り添うあり方を忘れないでください。

    病気になれば、病院にも連れていき、かかりつけの獣医さんと、普段からいろいろ相談できるようにしておきましょう。

    人間同様、重篤な病気や高齢になれば、介護も必要になります。

    お互いがなるべくストレスにならない方法を、模索していきましょう。

  • 3.

    室内環境を整えていくことで、

     

    飼い主にとっても、動物にとっても、暮らしやすい、楽しい時間と空間を作り出すことができます♪

    ●環境は常に清潔に保ち、動物がどこにいるか分かるように片付いた状態をつくる。

    ●面倒くさいはNG⚠

    ●時間的なルーティンを好む特性を活かしてあげる

    ●人の生活体系との調和を考えて工夫していく

    猫は必ず、犬も基本的には室内飼育を(お散歩はしっかりしたうえでの)お願いしています。

    暑さや寒さ、虫の攻撃からも守れます。

    ​※室内であっても、温度管理は重要

    交通事故や野生動物による捕食、病気の感染、迷子にさせてしまったり、聴くに堪えない虐待に合わせてしまったり、、 お外には危険がいっぱいです。

  • 4.

    不妊去勢をお願いします。

    持病があり、手術ができないなどの、やむ負えない事情のない場合、
    まず、あなたの飼い犬飼い猫から、不妊去勢手術を行っていきましょう。

    病気でもないのに、元気な体にメスを入れるのは可哀そう。。、そんな言葉をよく耳にします。 しかし、

    手術をすることにより、精神的な安定を得られ、生殖器系の病気の危険を大幅に減らすことをご存知でしょうか?

     

    なにより、年間広島県だけでも、1000頭近い子犬や子猫が繁殖し、命を落としていることをご存知でしょうか?

    ​その 悲しい繁殖を手助けしている理由は主に、以下の三つ。

     

    ►無責任なエサやり行為により、どんどん繁殖している野良犬猫。

    ►家の中で飼っていても、手術をしていないために、倍増しで繁殖し、地獄のような飼育崩壊現場に身を置く犬猫。

    ►飼い犬や飼い猫が、不妊去勢をしていない状況で、ふらりと外に出てしまい、野良の犬猫との間に子犬子猫を繁殖させてしまうことも。

広島県動物愛護センター指導の

『動物は正しく飼いましょう!』

https://www.pref.hiroshima.lg.jp/site/apc/contents-kaikata.html

​こちらもぜひ、参考にしましょう

​命を預かる=面倒くさいは厳禁

©2020 by 『保護犬猫を迎えよう‼』 Web譲渡会+動物福祉イベント。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now